過去の掲載作品:ちゃんばらアニメーション海外実写

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

What's NEW

大阪芸術大学テレビ配信中
「TOY FILM PROJECT」の動画は
「大阪芸術大学テレビ」→「おもちゃ映画チャンネル」にてご覧いただけます

大阪芸術大学での「玩具映画プロジェクト」は、一旦終了したしました。 これまで復元した玩具映画は、800本になりました。 動画は引き続いて、OUA−TVでご覧いただけます。 なお、今後も「玩具映画プロジェクト」は継続して活動いたしますので、 どうかご支援のほど、よろしくお願い申し上げます

■主催:「映画の復元と保存に関するワークショップ」運営委員会 大阪芸術大学/玩具映画プロジェクト/神戸映画資料館
京都府京都文化博物館/NPO法人映画保存協会/プラネット映画資料図書館

■特別協力:国際オリンピック委員会/崑プロ/東宝株式会社/日本オリンピック委員会

■協力:株式会社IMAGICAウェスト/オーディオメカニックス/コダック株式会社 東京国立近代美術館フィルムセンタ-/富士フイルム株式会社/報映産業株式会社
第 8 回「映画の復元と保存に関するワークショップ」 2013年8月24日(土)・25日(日)
京都府京都文化博物館フィルムシアター


梅雨も明け、本格的な夏を迎える頃となりました。皆様におかれましては、 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素から映像文化や映像保存に ご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。
さて、今年も恒例となりました「映画の復元と保存に関するワークショップ」 を開催する運びとなりました。添付しております内容の通り、8 月 24 日(土) と 25 日(日)の 2 日間、京都府京都文化博物館にて開催いたします。

回を重ねる度に、様々な映像の分野で活躍されている皆様の連携も生まれ、 充実し、2 日間ではまとめきれないほどの豊富な内容となって参りました。
初日には、第 1 回よりご支援戴いています東京国立近代美術館フィルムセン ターの主幹であり、国際フィルム・アーカイブ連盟前会長の岡島尚志さんをお 迎えし、「映画保存の今後―世界と日本のフィルム・アーカイブの立場から―」 と題して講演していただきます。
また、今回は新しい試みとして、「ライトニングトーク」の枠を設け、5 分程 度の短い時間ですが、皆様が今研究や活動されている内容を発表していただき、 今後の更なる活動や交流を深めて戴ければと考えております。

2 日目は、2020 年の東京オリンピック誘致にも関連して、日本オリンピック 委員会、東宝、崑プロさまのご協力を賜りまして、今アメリカで復元されてい る「東京オリンピック」(1964 年、市川崑監督作品)のデジタル修復版の上映 と講演をしていただきます。IOC(国際オリンピック委員会)が世界のオリンピ ック映画を集め、修復、保存するプロジェクトの一環のものです。日本では今 のところ 35mm 復元版を作成する計画がありませんので、これが本邦初で唯一 の上映となります。講義としましては、この復元プロジェクトの責任者である エイドリアン・ウッドさん、音響担当のジョン・ポリトさんをお迎えしていま す。またとない貴重な機会ですので、ぜひお誘い合わせの上、ふるってご参加 いただきたいと思います。
8 月の京都は、まだまだ暑い時期です。くれぐれもご自愛くださいまして、活気ある皆様の笑顔にお会いできる時を楽しみにしております。

2013年7月13日
第8 回「映画の復元と保存に関するワークショップ」運営委員会
代表 太田米男 (大阪芸術大学映像学科教授)